2016年02月06日

交通事故の加害者になった際の弁護士による交渉の流れ

交通事故の加害者となってしまったときには最悪の場合、刑事罰を受けることになります。


そのため、刑事罰を科せられないようにするには弁護士に依頼をして示談交渉を成立させなくてはなりません。

日常的に車を運転されている人であれば、ほとんどの場合、任意保険に加入をしているはずです。任意保険に加入をしているのであれば、万が一、交通事故の加害者となってしまったときでも示談交渉を保険会社の担当者が行ってくれるのがほとんどでなのですが、加入をしている保険会社によってはこのような示談交渉を行ってくれない場合もあり、そのようなときには示談交渉は弁護士に依頼をすることになります。


交通事故を引き起こした当事者である加害者は示談が成立しなかった場合、刑事責任を問われることになり裁判によって刑事罰を受ける可能性があります。


そのため、交通事故の加害者は可能な限り早急に示談を成立させる必要があります。一刻も早い示談を成立させるためには弁護士の助けが必要不可欠となります。

弁護士による示談の開始は、被害者の事故による怪我の具合が安定したから行うことになります。症状が安定してきた時期に事故による後遺症の有無を専門機関で調べることで、損害賠償の金額というのも変化するからです。

posted by テコットスタイル at 18:58| Comment(0) | 神戸で交通事故にあって弁護士に頼んだ

2016年01月18日

神戸において交通事故が発生したとき弁護士頼む

神戸において交通事故が発生したときには、弁護士に対してその交通事故に関する事件の処理を依頼することになります。


すなわち、刑事事件に関しては、その加害者であれば、被疑者または被告人になったときは、身柄拘束を解く方向で弁護活動を行ったり、量刑を軽くするために弁護活動を行ったりします。


また、交通事故の被害者であれば、被害者参加の代理として弁護士が出席することがあります。


さらに、民事事件に関しては、その被害者であれば、加害者に対して、不法行為に基づく損害賠償請求権を行使して、金銭的損害や精神的損害の賠償を請求することができますし、また、加害者であれば、それに対して応訴することになります。

そして、刑事事件や民事事件それぞれにおいて、成功報酬というものがあり、刑事事件については無罪であったり、執行猶予を得ることができればそれを支払い、民事事件については認容判決を得ることができればその金額に比例したそれを支払うことになっています。


posted by テコットスタイル at 19:13| Comment(0) | 神戸で交通事故にあって弁護士に頼んだ

2015年10月26日

SEO対策の料金設定には大きく分けて2つあります。


「成功報酬型」と「定額制」です。
コストを抑えたいという依頼者側の心をつかむためか、「成功報酬型」を選択している業者が若干多いように感じます。
また、料金設定としても成功報酬のタイプの方が比較的リーズナブルに感じます。
ですが、ここでのポイントはカバーの内容です。
・SEO対策してくれるワードの数はいくつか。
・複合ワードに対応しているか。
などが確認のポイントです。
このポイントに対しての費用を換算してみるといいでしょう。
たとえば、ワード一つと3つだとしたら、一つあたりの金額はいくらになるか。
こういう計算方法でも分かりやすいかもしれません。
私の経験から、「定額制」の方がトータルでの費用がかさみがちになる分、フォローの内容が幅広くなります。
SEO対策はやりやすいワードとやりにくいワードが存在します。
あなたのサイトがどちらにあるかによってもどの料金制を選ぶかを考えた方がよいでしょう。
posted by テコットスタイル at 14:30| Comment(0) | ブログ雑談